トップページ | ドリル »

2005-11-06

ギター壊れる

先日、タペストリーの練習でギターを使った後、ケースを開けていなかった。今日、ZOOの練習に持って行き、ケースを開けて驚いた。
ネックが折れている。

051106_001

ネックが折れている。
なんてことだ。

じつは、思い当たる節がないでもない。先日の練習の後、駅で電車を待っているとき、うっかりしてケースを倒してしまったのだ。そのときは、ケースに入っているのだから大したことはないだろうと高を括っていた。

大丈夫でなかったのだ。

しかしこれは困ったことになった。今月12日には、音楽祭で伴奏のギターを弾かねばならない。
一応修理を試みるつもりであるが、うまくいくかわからないし、だいたい間に合わないだろう。
誰かから借りるか、新しいのを買うしかない。

借りるあても無かったので、結局、新大久保のクロサワ楽器まで買いに行った。
副店長氏に予算を言って相談すると、たちどころに2本のギターを持ってきてくれた。どちらもまだ若い楽器だが、十分にいい音だと感じた。やや甘い音のする、松のトップの方に決めた。

051106_002

思わぬことからとんだ散財となってしまった。
思い出せば、前に持っていたギターもブリッジが吹っ飛んだのだ。楽器の管理が無頓着にすぎるのかもしれない。
とりあえず、新しいギターには頑丈なケースをつけてもらった。

新しい楽器に慣れるため、久しぶりにいろいろクラシックの曲を弾いてみた。最近はあまりこういう練習をしていなかった。
しばらく弾いているとだんだん楽器が手に馴染んでくる。

このままでは壊れたギターが浮かばれないので修理計画を考えます。

|

トップページ | ドリル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | ドリル »