« ガット弦を張る | トップページ | 寝坊 »

2006-03-13

慰問演奏会/神戸ウクレレ交流会

11日の土曜に音楽工房ZOOで清瀬の病院へ行き、慰問演奏を行いました。

テナーT氏が喉をやられて妙に渋い声。渋いだけならいいのですが歌うのも厳しいということで、急遽、彼の担当していたソロやパートの入れ替えを敢行しました。2時間のリハでなんとか格好をつけられてホッと一息。

リハはメンバーSさんの自宅で行いました。
Sさんはセキセイインコを飼っているのですが、われわれがある曲を歌ったときに限り、このインコも一緒に歌い出すのです。どうやら気に入ったらしい。その曲は「明日のことは」というオリジナル曲なのです。ZOOには珍しく明るく元気な曲なのが良いのでしょうか。
昼には有り難くもSさんの夫君の手料理をいただきました。この方、プロの音楽家なのですが料理の腕前もプロ級。本格的なカレーを堪能しました。ごちそうさまです。

演奏会は、幸い、楽しんでいただけたようです。手拍子をいただいたり、一緒に歌ってくださる方もいらっしゃったり。悪いコンディションなりに、一生懸命歌ったのが良かったのかもしれません。美味しいカレーが効いたのかもしれません。

慰問演奏会のあと、帰宅してすぐ新横浜へ、そして新幹線で一路神戸へ。
翌日の12日に「ノミの心ぞう」で神戸ウクレレ交流会に出演しました。
400人以上という大勢のお客さんを前にウクレレを弾くのは初めての経験だったので、緊張しすぎないように、なるべく演奏中はお客さんをを見ないようにしました。どうしても見えそうなときは目をつむっていました。
演奏が終わった後の会場いっぱいの拍手が嬉しかったです。

|

« ガット弦を張る | トップページ | 寝坊 »

コメント

ああ、いいですね。演奏旅行。
うらやましい。
年が明けてから音楽活動が低迷中でストレス溜まってます。
そろそろバリバリやりたいです!
それにしても、英さんでも人前で演奏すると緊張するんですね。

投稿: はしこ | 2006-03-14 12:53

清瀬はもしかして、わたしも行ったことがあるかも、です(うみねこやで)。病院慰問は独特の雰囲気ですよね。歌っていることの意味をしみじみ考える機会でもあります。

神戸遠征お疲れさまでした~。充実のご滞在だったやうでなによりだす。

投稿: だん | 2006-03-14 15:05

はしこさん、だんさん、コメントありがとうございます。

はしこさん;
緊張するのですよ。どうも顔には出ないらしく、そう思われないことが多いのですが。
ぜひまたバリバリ活動してください!

だんさん;
慰問演奏は、やるたび発見があります。自分たちの音楽をふりかえるいい機会にもなりますね。

投稿: 英 | 2006-03-15 02:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45916/9073720

この記事へのトラックバック一覧です: 慰問演奏会/神戸ウクレレ交流会:

« ガット弦を張る | トップページ | 寝坊 »