« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006-05-30

ウクレレとリコーダー

5/28のノミの心ぞうライブは無事終了いたしました。
おいでくださったお客様、ゲスト出演の皆様、クラスタさま、どうもありがとうございました。

 

ライブが終わった後、いつもの通りお酒を飲みながら来て頂いた方とお話したり、楽器を弾いたりしていたのですが、夜も更けてきた頃にJさんがリコーダーを取り出して来られたので、武満徹の「小さな空」や「昨日のしみ」を一緒に演奏してみました。
これがなかなかいい感じ。
リコーダーとウクレレって相性いいですね。武満の「うた」も、意外にこういう編成に合っているなと思いました。

 

****
6月の前半くらいには音楽工房ZOOのための作曲を終わらせなければいけません。これが大仕事。今回は自分でもどう決着がつくのかわからない感じがして、期待と不安が相半ばしつつ曲作りを進めています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-05-27

マレ・フェスティバル

マレ・フェスティバルに出演してガンバを弾いてきました。
私が参加したのは、「みんなでマレに挑戦!」という初心者向きのコーナーだったはずなのですが、出てくる人が皆やたらに上手なので困りました。
しかしまあ、一人くらい下手くそがいたっていいでしょう。
そう開き直って演奏したのが良かったのか、細かいミスは例のごとくあったものの、全体的にはなんとか練習の成果を発揮できたように感じています。
いつも我慢強く指導してくださる師匠はもちろんのこと、今回いろいろとアドバイスをくださったチェンバロのEさんと古典舞踏研究会の方々に、御礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-08

民謡風

連休中は、「音楽工房ZOO」のためのオリジナル音楽劇の作曲をしていました。
例年、GSOという催しで上演するために音楽劇を作ります。今年、ZOOのSさんが書いてきた脚本は昔話を素材にしたものでしたので、私も少し「民謡風」を意識した曲作りを試みています。
ちょうど昨年の今ごろ、小泉文夫氏の日本音楽に関するエッセイに興味を持ち、あれこれ読んでいました。そこに書かれていたことを私になりに消化して、今回の曲づくりに反映させられたらと思っているのですが、さてどうなりますやら。

 

しかし毎度のことながら作曲は時間との勝負です。まだ一部しか出来上がっていないのですが、なんとか今月中には仕上げないとなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »