« 祝杯 | トップページ | 心地よく疲れること »

2006-07-16

「自分の音だけを聞く」こと

ちょっとした縁があり、トラヴェルソ、バロックバイオリン、チェンバロを演奏する方々とアンサンブルをやることになりました(私はガンバ)。本番は8月6日です。
今日、チェンバロの先生のところでそのグループのレッスンがありました。そのときに言われた言葉。
「他の人の音を聞くな。自分の音だけを聞け。自分の音を聞いていると、他の人の音も聞こえてくるから」。
これはちょっとしたカルチャーショック。アンサンブルでは他の人の演奏を注意深く聴くのが大事だとずっと思っていたので。
これから練習の中で、その意味するところを考えていかなきゃと思っています。

|

« 祝杯 | トップページ | 心地よく疲れること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45916/11046849

この記事へのトラックバック一覧です: 「自分の音だけを聞く」こと:

« 祝杯 | トップページ | 心地よく疲れること »