« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006-08-27

バロックダンス講習会

というわけで、バロックダンスの講習会に出てきました。
私の参加した初級クラスの受講者は15名ほど。うち男性は私1人。
正直言って、最初は恥ずかしかったです^^;)。でも、やっているうちにだんだん気分もほぐれてきて、それなりに楽しむことができるようになりました。
体を動かしていると、いろいろ雑念が払われて、無心になれるような気がします。
もっともバロックダンスというのはバレエの先祖。先生は親切丁寧に教えてくださいましたが、それでも私ごときの手に負えるものではありません。
非常に怪しいステップをばたばたと踏みつつ汗をかいただけで終わりました。
バロックダンスはいくつかの基礎的な動きのコンビネーションで成り立っているのですが、その構成要素がいくらかわかるようになったのが、今日の収穫です。

 

ところで、私のことを知っている人がけっこういらっしゃったのでびっくりしました。「マレ・フェスティバルでガンバ弾いていたでしょ?」と言われたり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-08-21

きっと怪しい踊りに

マレ・フェスティバルで一緒にステージをやった方達からお誘いを受けて、今度の日曜にバロックダンスの講習会に行くことになりました。
私とダンスほどミスマッチなものはありません。運動神経は悪いし、所作はぎこちないし。人に見せられない醜悪な図になることは確実です。
それでも行こうと思ったのは、ガンバの師匠から、「ルネサンスやバロックの時代の音楽をやるには、この時代の舞踏のことがわかっていないとダメ」と言われていたからです。
多少でも身体で覚えた方が、理解も早いでしょう。
まだ募集しているようですので、もし関心のある方がいらっしゃいましたら、私までご連絡ください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006-08-14

東大宮「季作」ライブ

昨日は東大宮の「季作」でライブがありました(ノミの心ぞう)。
ウクレレ名人・まいたけさんとアカペラグループ・ペンギンフィッシュさんとのジョイント。
PAなしのライブだったのですが、まいたけさんも、ペンギンフィッシュさんも、本当にうまいです。生音だと実力がはっきり出ますね。
「季作」さんは料理が非常においしくて、とくに最後にいただいた冷や汁が絶品でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006-08-06

バロック音楽発表会

発表会本番。
会場は聖路加国際病院のトライスラーホール。病院のなかにある礼拝堂です。
休日の病院は、しんとして静かでした。ホールの中からは、チェンバロの調律の音が聞こえてきます。
会場に来るまでいろいろ雑念が去来していたのですが、一歩そこに足を踏み入れると、音楽以外のことは消えてしまいました。

 

本番の演奏は、そこそこうまくいったのではないかと思います(あくまで「我々にしては」という但し書きつきますが)。
初心者ばかりで組まれたグループでしたが、最後はなんとなく一体感みたいなものができて、楽しく演奏できました。
会場に、以前マレ・フェスティバルでチェンバロを弾いてくださったEさんがいらっしゃったので、挨拶をすると、
「堂々としていて良かったよ」
と言ってくれました。

 

延々5時間に及んだ発表会は、そのほとんどがアマチュアとは思えない高いレベルのもので、飽きることがありませんでした。ただ、密度が濃くて少々くたびれましたけど。

 

打ち上げで、トラヴェルソを吹いたYさんと話をしていたら、同業者で、しかも同じような専門書を作っている人だということがわかりました。おそらくほとんど同世代で、「じつはメタボリック症候群というのが気になっていて…」というと、相手も「あ、そうそう僕も」と乗ってきます。
サラリーマンは打ち上げでも勤務後でも話題は一緒ですね(^.^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-08-03

運動

1か月半ほど前に受けた健康診断の結果が帰ってきました。
相も変わらず不健康そうな結果でしたが、とりあえず脂肪肝ではなくなっていました。
そのほか「E」だった項目が「B」になっていました。健康に良いことなど何もしていないのに、不思議です。
しかしまあ、たいして良い成績でないことには変わりはありません。

じつは少し前にフィットネスクラブに入会したのですが、仕事が忙しい上に作曲も進めなくてはいけなくて、なかなか行けませんでした。
GSOも終わり、仕事も少し暇になったので、昨日、ようやく行ってきました。溝の口駅のすぐそばにある6階建ての建物です。
このフィットネスクラブにはクライミングウォールがあったりして興味をひくのですが、いきなりそんなものにチャレンジするというわけにもいきません。
とりあえず、ストレッチをしたあとはひたすら走りました。時間にして50分。ゆっくりペースだったので、走った距離は5.2キロ換算くらいです。
走るだけならこんなところに来なくてもいいような気もしますが、実際、じゃあ自主的に走るかというときっと走らないので、やはりこういう施設はありがたい。
久しぶりに運動をして、体中に血が回っていく気がしました。身体を動かすというのはやっぱりいいですね。運動後のお風呂も気持ちよかったです。
一夜明けたら、身体のあちこちが筋肉痛でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-08-01

心地よく疲れること

7月29日は「GSO8」がありました。音楽工房ZOOで出演しました。
充実感がありましたが、かなりへばりました。
打ち上げのあとTantoGutsのライブに行ったのですが、演奏されたはずの何曲かがまったく記憶にありません。だいぶ意識が飛んでいたようです。

 

とにもかくにも無事終わってほっとしています。
ZOOのメンバーは皆気合いが乗っていました。私も、空回りしない程度に気合いを入れました。
ミスや不満足な点がなかったといえば嘘になるのでしょうが、終わったときにはみんないい顔をしていたと思います。
照明のキュー出しは他の出演グループのChさんが完璧に合図を出してくれたので、演出もうまくいきました。
今回はまた、パーカッションをお願いしたR氏がすばらしい演奏でサポートしてくれました。せっかくご縁ができたので、今後もまた一緒に演奏できる機会を持てればと思っています。
ギターを毎度頼んでいる弟は、楽器隊をまとめる役もやってもらえるので、ありがたいです。

 

-----
7月30日には、先日結成された期限付きアンサンブル(トラヴェルソ、バロックバイオリン、チェンバロ、ガンバ)のレッスンがありました。先生方の間ではこのアンサンブルは「初級マレ」と呼ばれているらしいです。読んで字のごとく、マレを弾く初級者の集まりです。しかし初級とはいいつつ、私を除いて皆さん古楽への造詣が深く、お話をさせていただくといろいろ勉強になります。
この日のレッスンの先生は私たちの誰よりも若い女性のトラヴェルソ奏者で、めっぽうテンションが高い。そのエネルギーあふれる指導に、終わる頃(2時間ぶっ通し)にはへとへとになっていましたが、心地よい疲れでした。
本番は次の日曜です。私たちの出番は5分程度ですが、こっそり宣伝しておきます。

 

第5回 バロック音楽発表会

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »