« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006-10-31

PHS機種変

PHSの機種を変えました。

Es
ムシのようなのは義妹からもらったベクトルくん

SharpのZERP3[es]です。
外観はまるでトランシーバー。ごつくて重い。でも機能は豊富です。メモリー容量がたくさんあって、保存できるメールの数が多いのがいちばんありがたいです。
ブラウザ(Opera)もPCのように使えてたいへん便利ですが、地図などあとから参照したいページを保存しておけないのは、ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-26

混ぜて飲む

日用品や文具を買いに東急ハンズに行ったりすると、つい実験器具コーナーとかも見てしまいます。好きなんですよね。三角フラスコとか、ビーカーとか。食器に使いたいと思うくらい。
飲み会に行くと、よく酒の入ったグラスが倒れる事故がありますね。かく言う僕も、何度かやってしまったことがある。酔っぱらうと、距離感が怪しくなってくるから、引っかけてしまったりするわけです。
そういうとき、三角フラスコならきっと倒れにくい。だから、飲み屋はグラスを三角フラスコにした方がいいといつも思います。倒すたびに。

実験といえば。混ぜるのが好きです。子供の時は、冷蔵庫にある液体をしばしば混ぜて飲んでいました。
その中でもベストといえるのは「麦茶+コーヒー」。香ばしくてうまい。
そういろんな人に言ったら、義妹しか同意してくれませんでしたけど。
ちなみに、「カルピス+コーヒー」はちょっと困った味になります。試さない方がいいです。

あと、お奨めなのが、「バドワイザー+ミックスフルーツジュース」。このジュースは「ピーチ」が入っているものに限ります。半々で割る。うまいですよ。
これは子供の頃に試したのではありません。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-10-22

西新井のデイケアセンターを訪問

昨日は音楽工房ZOOで、西立川にあるデイケアセンターを訪問し、ミニコンサートを行いました。曲目は「荒城の月」「リンゴの歌」「知床旅情」「四季の歌」などの愛唱歌と、ZOOのオリジナルなど。
今回はMCの方法を工夫して、なるべく双方向のコミュニケーションができるようにしてみました(好きな季節や食べ物について伺ってみたり)。これが功を奏したのか、会場の雰囲気がなんとなく和んで、一緒に歌ってもらえた曲も多かったです。われわれもリラックスして演奏できました。
終演後、おばあさんの一人が手製のコースターやリボンをおみやげにくださりました。

 

その後は、蒲田でがらくた座の演奏会。今回は久しぶりに手の込んだ演劇仕立てのオリジナルステージが設けられていて、これがすごく面白かったですね。演奏のレベルも高いし、非常に楽しめた演奏会でした。
演奏会終了後は打ち上げにお邪魔しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-20

バーバラは聞いてくれない

秋たけなわですが、私はまだ部屋で扇風機を使っています。

――――――――

ニンテンドーDSで「えいご漬け」をやっています。
用意されているメニューの中に「バーバラ・バットのリピートアフターミー」というコーナーがあります。英語の文章が出てきて、手本の音声が流れた後にそれをまねてしゃべると、グラマラスな女性、バーバラが採点をしてくれます。「なんだか中途半端ね。61点だわ」とか、「よく聞いていなかったわ。41点てとこかしら」などと言ってきます。

Barbala
わりと高飛車なバーバラ

今日、そのコーナーをやってみたら、「うまくごまかした感じね。81点」とバーバラは言いました。
なかなか良い数字ですが、「ごまかした」とはあんまりな言い方です。
だいたい、バーバラはちゃんと聞いてくれているのでしょうか。
実際、「よく聞いていなかった」などと真顔で言うこともあるわけですから、油断大敵です。

そこで同じ問題を、抑揚とリズムはできるだけ真似て、
ごにょごにょ
と意味不明の言語(少なくとも英語ではない)で呟いてみました。

バーバラはまた「うまくごまかした感じね。87点あげるわ」と言いました。
点数上がっています。


…きっとこういう使用法は想定外なのだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-10-17

ウクレレベース?(その2)

先日の日記で書いたアシュボリーベースの写真です。

 

Ashbase

 

大きさの比較のために、よなよなエールの缶を置いてあります。よなよなエールはうまいです。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-10-16

代々木公園にて

14日は代々木のcure*mで、Indigo Blueさん主催のジョイントライブに、「ノミの心ぞう」で出演しました。
そのあと10時くらいにお店を出て、弟とともに荻窪のアルカフェへ。今日が試験営業日最初の日で、早速ライブが2本、行われたのです。もちろん私たちが着いたときにはライブは終わっていましたが、幸い出演者のお二人がまだいらして、ご挨拶ができました。オープニングアクトだったミュゼットの小春さんはなんと17歳。将来が楽しみ。ジャカソロ名人のまいたけさんはたくさんビールを飲んでました。

 

翌日(日曜)の午前中は音楽工房ZOOの練習。21日に、立川のデイケアセンターで演奏会をするので、そのための最終チェック。
午後はmixiの某コミュの集まりで代々木公園へ。この日、代々木公園では「スリランカフェア」が行われていて、色とりどりのテントが並んで壮観です。辺りにはスパイスの妖しい匂いが漂っています。

 

061016srilanka

 

そこでカレーを買う人あり、現地ビールを買う人あり。後者は私です。瓶からラッパ飲みしつつ道を歩くのは背徳の香り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-13

ウクレレベース?

アシュボリーベースというのを買いました。ウクレレのようなサイズのエレキベースです。
昔は日本の楽器屋でも売っていたらしいのですが、いまは扱っていないそうなので、Webからメーカに直接注文しました。
注文してから、そこまでして買うべきものだったのだろうかという疑問が心に浮かびましたが、もう遅いです。届いてしまいました。とりあえず小さいボディに張られたゴムのような弦(というか、ゴムだと思う)をびろんびろんとはじくのはけっこう楽しいです。
でも、小さくてしかもフレットレスなので、音程を正確にとるのがすごく大変。
そのうちノミの心ぞうで「ベースウクレレ」(のように見えるもの)としてデビューさせたいのですが、ベース弾きの弟は難色を示しております。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006-10-10

「アルカフェ」レセプション

昨日はだんさんが新規開店されるお店「アルカフェ」のレセプションにお招きいただき、「ノミの心ぞう」として3曲ほど演奏してきました。
私たちのほかには、コーラス+ベース+ピアノのEmbraceさん(ハウスバンド)、ギターの田中さん(国分寺クラスタのマスター)、三味線/フラメンコギターのかまやさんなどが出演されました。
内装が終わったばかりの店内はとても綺麗ですね。ステージに向かって右が椅子・テーブル席、左は座敷。生でもけっこう音がよく響きます。
06100902 壁一面にかけられたウクレレ。すばらしい。

 

ここでこれからいろんなライブが行われていくのでしょう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-10-07

ガンバの弦を替える

湿気のせいかガンバの1弦が切れてしまったので、取り替えました。
ところが、弾いてみると全然音が合いません。換えた方の弦の問題ではなく、残りの弦が古過すぎるため、それに合わせて巻いてあるフレットの位置が、新しい1弦に合わないのです(ガンバではギターなどと違い古い弦を巻いてフレットを作るので、弦の状態によってずらすことができます)。
思い出せば、2弦はいままで1度替えただけ、3~6弦に至ってはこのガンバを買ったときからずっと同じ弦です。つまりもう4年くらい張りっぱなしということになります。みると、かなり黒ずんで汚い。これはもう全部換え時ということでしょう。

 

というわけで、ガンバの弦をひとそろい換えました。弦の代金およそ2万円。ギター弦なら6本で1500円~4000円程度ですから、ずいぶん高いですね。ガット弦を作っているメーカーが少ないということもあるでしょう。先日ウクレレに張ったガット弦は2600円くらいで、4本とはいえガンバに比べるとずいぶん手頃ですが、ウクレレ用の弦の相場(1セット800~1500円)を考えると、やはり安いとはいえません。

 

高い割には湿気や乾燥、温度変化での伸び縮みが激しく、切れやすいのが泣き所。ガンバで使えるナイロンなど新しい素材の弦が開発されるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-04

超学校

昨日の昼、アラブ系と思われる人に道で話しかけられました。
「チョー学校どこ? チョー学校」
超学校?
言ってることが不明ながら、「学校ならあっちの方にあるけど」と近くの学校への道を説明したら、うんうんとうなずいて行ってしまいました。

あとから気づいたのですが、彼は「中学校」と言いたかったのですね。イントネーションがまさに「超学校」だったので、その場では気づきませんでした。
幸い、教えた学校で正しかったみたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »