« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006-12-28

会社はおわり 仕事はつづく

今月の上旬に入稿したやっかいな原稿のゲラ(校正刷り)が、出てきてしまいました。

いや、年内に出てきたのは本来はいいことなので、「しまいました」などと言うのは本当はおかしいのです。
しかし今日は終業日。
ゲラが出なければ、「仕方ないよね」と言いつつ、年末年始はのんびりできたところです。
が、出てしまった以上はそうもいきません。明日は大掃除としても、30日・31日は(下手をすれば正月も)休日出勤して校正作業ということになりそうです。
31日はカウントダウンライブがあるのでたぶん会社から直行。
なかなか充実した年末です(^.^;。

------
ダイエットを続けております。体重はなんとなく減り気味ですが、体脂肪率が増えていくのは何故。筋肉から先に無くなっているのだろうか。

| | コメント (3)

2006-12-26

はてしない余白

仕事で出す年賀状を書いております。

しかしちょっと困ったことがありまして。
私の部署で今年出す賀状の文面レイアウト、余白がすごく多いのです。
色は1色(黒)だけ。お決まりの挨拶文が小さな文字でつつましやかに刷ってあります。
喪中ハガキと見まごうばかりの簡素さです。潔いです。
さすがにまめな部長は、自分の関係している仕事相手あてに、細かい字でいろいろ書き込んでいます。
しかしまめでない私は、たいして書くことが思い浮かびません。
少々文言を書き加えても余白は容易なことでは減らず、かえって白さが際だつような気さえします。
書くことに迷ったあげく、「たいへんごぶさたしております」なんぞと今年一緒に仕事をした相手に書いてしまう体たらく。

部署の若い人たちは、「干支のスタンプでも買ってきて押そうか」などと相談しています。その手があったか。

| | コメント (4)

2006-12-25

怒涛のセッション

アルカフェの「Ukulele Holy Night」出演は無事終了。おいでくださった皆様、ありがとうございました。

 

今回、J吉さんにアコーディオンとウクレレをお願いしたのですが、短い準備期間にもかかわらずきっちり合わせてくれてありがたかったです。
アコーディオンとウクレレというのは相性がとてもいい気がしました。
来年1月10日(水)にも、同じメンバーでアルカフェさんに出演させて頂くことになりました。

 

さて、ライブ本番のあとは、怒濤のセッションタイム。
出演者の一人、りびさん(このときはピアノ)の情け容赦ない「もう1周!」コールの中、アドリブ(と称した出鱈目)を弾きまくりましたが、後半はだんだん意識朦朧状態に。
途中で後日のライブのためにカホンを置きに来ただけのパーカス奏者の方(もちろん初対面)が、気づけば一緒に汗だくでソロを叩いている不思議…。
しかし無茶苦茶楽しいです。

 

お客さんの大半が帰ったあとも、最後まで笑顔でこの様子を見ておられたのが森先生
ライブ本編のトリを飾られた演奏者でもありました。
帰り、たまたま同じ方向の電車だったので、いろいろお話を伺えたのは嬉しかったです。
別れ際、強く握手をされて、「またお会いしましょう」と言ってくださりました。
こんどお会いするときは、もっと上手くなっていたいものです。

| | コメント (2)

2006-12-22

夜ノ山ヲ行ク

オラ研の練習後、忘年会。
この合唱団はわりと年齢層が高めのせいか小食の方が多く、飲み会であまり食べ物が注文されません。私一人でがつがつ食べるのも気が引けて、帰宅途上、しこたま酔っぱらった状態ながら妙に空腹が気にかかります。

というわけで、武蔵溝の口駅前に最近できた蕎麦居酒屋にふらりと立ち寄りました。
夜中の12時過ぎというのに、店内にはけっこうお客さんがいます。一人で飲んでいるお客さんも多いようなのでちょっと安心しました。

蕎麦とビールを注文。先に来たビールをぐびぐび飲んでいたら、茎のままのわさびとおろし金が出てきました。蕎麦の薬味です。せっせとすり下ろします。酔って加減がきかず猛烈に擦っていたら、ひどく大量におろしわさびが出来ました。蕎麦が出てくるまでそのわさびをつまみにビールを飲みます。酔っているので味がよくわかりません。

やがて蕎麦が出てきました。手打ちの十割蕎麦のようです。心許ない五感を駆使して味わいます。うん、これはきっとおいしい蕎麦ですよ。
すり下ろしたわさびが勿体ないので、全部入れます。つゆの味がちょっとワイルドになりました。辛いとは思わないのですが、つゆをつけたそばをすするたびに立ち上るわさびの香気で、息がつまりそうになります。じつは相当辛かったのかもしれません。
でもうまかったです。そば湯を入れて、全部いただきました。なんだか頭が覚醒してきたような気がしました。
061221soba

そば屋を出た後、その店の裏にある小山をずんずんと上りました。何があるのかずっと気になっていた小山です。上っていくと、真っ暗な看護学校がありました。さらに上ると住宅街になってきました。そこはあんまり面白くなさそうなので、小路に入って、舗装されていない山道を降りていきました。斜面にアパートが建っていて、明かりもついています。
それで安心したのが良くなかったのでしょうか。そのわきの下り坂が思いの外ぬかるんでいて、ずぶずぶとすべって転倒しました。声もなく脚から滑り落ちてゆく自分の姿が、酔った頭にスローモーションで浮かびました。怪我はまったくなかったのですが、泥だらけになりました。
というか、私、何やってんでしょうか。

家に帰って見ると、ズボンのお尻が真っ黒になっていました。コートの裏も泥で汚れていました。笑うしかないと思って笑いましたが、よく考えるとズボンはおろしたてだったので、ちょっと悲しくなりました。

| | コメント (6)

2006-12-18

食の煩悩

食べ過ぎの日々が続いております。

昨日、ZOOの練習の前にらんぷ亭で牛丼大盛りを一杯。
練習のあと、忘年会で焼肉をたらふく。
ZOOのメンバーからは「食べ過ぎ」「病気になる」「葬式には出たくない」などと散々な言葉を頂戴しました。

たしかに、脂肪肝で医者からもダイエットを勧められております。
そろそろ食い改め、いや悔い改めるべき潮時かもしれません。

で、とりあえず今日、朝と昼を抜いてみました。
これを書いている時点(20時半)で、お茶とコーヒー一杯以外、何も口にしていません。
今日に限ってかもしれないですが、案外、平気です。
このまま何も食べないで寝ても平気な気すらしてきました。

しかしこういう極端なことは続かないと思うので、明日からもうちょっと地道なダイエットをしようと思います。

061217bonenkai
焼肉はうまかったです。

| | コメント (5)

2006-12-10

半熟

来年1月27日に開催される「休みの日には音楽家」(東京建物八重洲ホール)に、新グループを立ち上げて参加することになりました。
メンバーは二人。フラウト・トラヴェルソ(バロック・フルート)の人と組んで、私はガンバを弾きます。相方は私と同じく、出版業界に勤めるサラリーマン。
30代半ばを過ぎてから古楽を始めたおっさん二人の演奏に、期待したりしなかったりしてください。

 

ちなみにグループ名は「半熟たまご」です。熟してはいません。もちろん演奏のウデのことです。
相方の提案により、12月10日は半熟たまご記念日と決まりました。来年もグループが続いていれば、半熟たまごを食べて祝いたいと思います。

| | コメント (2)

2006-12-07

10弦ギター

昨日(水曜)はアルカフェさんの正式開店記念パーティでした。
楽器持参でいらした方も多かったのですが、その中で目をひいたのが、ある方の持っていらした10弦ギター。
広ーい指板にずらりと弦が並んでいる様子は壮観でした。聞けばお値段も相当なもの。
じつは私も多弦ギターがちょっと欲しいと思っています。10弦はさすがに弾ききれないと思いますが、7弦くらいなら。
クラシックの曲を弾くためというより、ZOOなどで伴奏をするときのためですね。
しかしカッタウェイのテナーウクレレも欲しいし、7弦ガンバも欲しいし。
あー欲望は限りがありません。

| | コメント (0)

2006-12-04

シキュウ 電話コウ

所用で午前中仕事を休んで某所に出かけた後、会社に向かう途上でPHSを見ると、父親から「至急電話をくれ」とのメールが。
着信履歴にも父の番号が数件(たぶん移動中で、気づかなかった)。
至急というのは気になります。何かあったのでしょうか。
とり急ぎ電話してみました。

私「もしもし。俺だけど」
父「ああお前、なんか面倒なことに巻き込まれていないだろうな
私「え? なんでそんなことを」
父「なんでも鉄道の公安部とかいうところから電話があって、お前が痴漢を働いて、現場を押さえられたって…」

ああ、これは例のヤツですね。
「あんたの子供(配偶者)が悪いことをしたので、保釈金をすぐ振り込みなさい」とかいう。

私「そりゃ詐欺だよ。そんなの相手にしちゃダメだよ」
父「やっぱそうなのか。いや、俺もおかしいとは思ったんだが、会社に電話したら『今日はまだ出社していない』とか言うし……」

そういえば上司には、「午前休みます」としか伝えていませんでした。
思いがけず怪しさ倍増です。

で、その詐欺男ですが、父が根掘り葉掘り細かいことを聞いたら、自分から切ってしまったそうです。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »