« 怒涛のセッション | トップページ | 会社はおわり 仕事はつづく »

2006-12-26

はてしない余白

仕事で出す年賀状を書いております。

しかしちょっと困ったことがありまして。
私の部署で今年出す賀状の文面レイアウト、余白がすごく多いのです。
色は1色(黒)だけ。お決まりの挨拶文が小さな文字でつつましやかに刷ってあります。
喪中ハガキと見まごうばかりの簡素さです。潔いです。
さすがにまめな部長は、自分の関係している仕事相手あてに、細かい字でいろいろ書き込んでいます。
しかしまめでない私は、たいして書くことが思い浮かびません。
少々文言を書き加えても余白は容易なことでは減らず、かえって白さが際だつような気さえします。
書くことに迷ったあげく、「たいへんごぶさたしております」なんぞと今年一緒に仕事をした相手に書いてしまう体たらく。

部署の若い人たちは、「干支のスタンプでも買ってきて押そうか」などと相談しています。その手があったか。

|

« 怒涛のセッション | トップページ | 会社はおわり 仕事はつづく »

コメント

芋判なんていかがでしょう?懐かし~い(^-^)
最近は手作りの消しゴムはんこも流行っているみたいです。

投稿: jun吉 | 2006-12-27 00:14

芋版もいいですね。
会社でイモを彫っていたら何かいわれるだろうか。
消しゴムのほうが細工はしやすそう。

投稿: 英 | 2006-12-27 03:55

消しゴムはんこ。ナンシー関、好きでしたー。

投稿: かおり@ぶらうにぃ | 2006-12-27 08:13

他の人には真似の出来ない味がありましたね。>ナンシー関

投稿: 英 | 2006-12-27 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怒涛のセッション | トップページ | 会社はおわり 仕事はつづく »