« 2005年12月25日 - 2005年12月31日 | トップページ | 2006年1月8日 - 2006年1月14日 »

2006年1月1日 - 2006年1月7日

2006-01-03

ギター復活

事故でネックを折ってしまったギターの修理が、なんとか終わった。
そこそこ上手くいったかな。近くで見れば折れたところがキズになっているのがわかるが、遠目にはあまり気にならないと思う。
タイトボンドで接着して、補強のためにダボや木釘を埋め込んだ。弦を張って数日経っても接着面が広がっているようには見えないので、とりあえずこれで大丈夫そうである。幸い、音にも大きな影響はなさそうだ。

teller20060102-01teller20060102-02

持ち運びはさすがに怖いので、主に家での練習用になると思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006-01-01

演奏

演奏という行為は不思議なものだ。
下手なのに、妙に魅力のある演奏というのは、たしかにあるような気がする。
下手なのだから、もちろんアマチュアだ。たとえば、弦を押さえる指が寝てしまっている。弾いてはいけない弦に触って変な音が出ている。必死の形相で演奏するその様子は、滑稽にすら見えたりする。
なのに、その演奏のことが、家に帰っても頭から離れないことがある。表現しようという気持ちがなんらかの形で伝わってきていて、自分に感動を与えているのだとしか、説明がつかない。

それが、音楽を生で聴く楽しさだと思う。そうした人たちと交わって演奏をすることが、音楽する喜びの一つだと思う。
良い音楽体験は、高いチケットと引き替えにしか手に入らないというわけではない。

もちろん、上手になろうという意欲を放棄した演奏は、人を感動させられないと思う。
下手であってもよいと言いたいわけではないのだ。

ただ、良い演奏には、単に上手であるということ以外の何かも必要なのだと思う。
少しでも、そういう良い演奏に近づけるようにしたいものだ。それは結局、なんで音楽をしているのかと自分に問い続けることでもあるのだと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月25日 - 2005年12月31日 | トップページ | 2006年1月8日 - 2006年1月14日 »