« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007-03-20

花見の記憶

東京で桜が開花したみたいですね。
今年は花見に行けるかな。

そういえば、もう十数年前の話ですが、会社の連中と茗荷谷まで花見に行ったことがありました。
まだ僕が20代のころです。
花見といっても、有志で桜の下に繰り出して酒を飲んだだけでした。
馬鹿陽気になった私は、道路標識にするすると登りました。
酔っぱらっているので、当然落ちます。
いろんなところにぶつかりながら。
手を見ると皮がべろんと剥げて、血まみれになっていました。
これは大変と近くの居酒屋に入り、焼酎を出してもらって、それで消毒したのを思い出します。

いま考えると、あれば勿体なかった。

| | コメント (2)

2007-03-13

春の恒例行事

今年の初めから、会社の労組の委員長をやっています。
正直なところ、私の柄(ガラ)ではないと思うのですが、選挙で強制的に選ばれてしまうので、仕方ありません。

で、春闘の団交が始まりました。
今日は要求書を渡すセレモニー。
テーブル越しに、要求金額を書いた紙を差し出す。
それを受け取る社長の顔が、みるみる渋くなる。
こちらも負けじと厳しい顔をする。
ゴングは鳴りました。

昨年入社したばかりの女性の委員が言いました。
「なんで団交が始まると険悪な雰囲気にならなきゃいけないのか、よくわかりません」
「これはそういうものなのだよ」と私。

団交が始まると、春が来たなという気がします。

| | コメント (6)

2007-03-05

スチール弦

今度の日曜、ある合唱団の演奏会でギターを弾きます。
<クレーの絵本>(谷川俊太郎詩、三善晃曲)という作品。
合唱関係者にはよく知られた名曲ですが、この曲集のなかに、ギター伴奏の曲が2曲あります。その伴奏を頼まれました。
この曲、がしがしとストロークで弾くように書いてあります。私はふだんナイロン弦ギター(クラシックギター)しか弾かないのですが、今回は迷った末、スチール弦ギター(フォークギター)を使うことにしました。
昨日はそのリハがありました。
久々のスチール弦。弦の張力もネックの幅も違うのでけっこう戸惑うかと思いきや、案外平気でした。
昔ずいぶん弾いたからかな。高校時代にはサイモン&ガーファンクルやCSN&Yのコピーをやったりしたものです。
ただ、ピックを持って行くのを忘れてしまい、クレジットカードで代用したのはちょっと間抜け。指揮者の方には「本番もそれですか」と聞かれました。

 

その演奏会情報です。

 

コーロ・ヴェルデ 第21回演奏会 ・2007年3月11日(日)
・開場:13:30、開演:14:00 府中の森芸術劇場 ウィーンホール
・指揮:田中 明/田中 靖
・ピアノ:田中 千香子
・曲目
 Tres Madorigales de El Quijote~ドン・キホーテの3つのマドリガル
  (詩:Miguel Cervantes/曲:Miguel Franco)
 混声合唱とピアノのための組曲<クレーの絵本 第1集>(詩:谷川俊太郎/曲:三善晃)
 カザルス宗教曲集(曲:Pablo Casals)
 無伴奏混声合唱による日本名歌集<ノスタルジア>より(編曲:信長貴富)
・全席自由:1000円

| | コメント (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »