« 春の恒例行事 | トップページ | 無呼吸 »

2007-03-20

花見の記憶

東京で桜が開花したみたいですね。
今年は花見に行けるかな。

そういえば、もう十数年前の話ですが、会社の連中と茗荷谷まで花見に行ったことがありました。
まだ僕が20代のころです。
花見といっても、有志で桜の下に繰り出して酒を飲んだだけでした。
馬鹿陽気になった私は、道路標識にするすると登りました。
酔っぱらっているので、当然落ちます。
いろんなところにぶつかりながら。
手を見ると皮がべろんと剥げて、血まみれになっていました。
これは大変と近くの居酒屋に入り、焼酎を出してもらって、それで消毒したのを思い出します。

いま考えると、あれば勿体なかった。

|

« 春の恒例行事 | トップページ | 無呼吸 »

コメント

英さんにそういう時期があったのですね!
リアルタイムで拝見したかったです > 登って落ちる男

投稿: かおり | 2007-03-21 00:22

阿呆ですよね(笑)。
でも、いまでも酒を飲むと高いところに登りたくなります(^.^;。

投稿: 英 | 2007-03-22 03:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の恒例行事 | トップページ | 無呼吸 »