« スチール弦 | トップページ | 花見の記憶 »

2007-03-13

春の恒例行事

今年の初めから、会社の労組の委員長をやっています。
正直なところ、私の柄(ガラ)ではないと思うのですが、選挙で強制的に選ばれてしまうので、仕方ありません。

で、春闘の団交が始まりました。
今日は要求書を渡すセレモニー。
テーブル越しに、要求金額を書いた紙を差し出す。
それを受け取る社長の顔が、みるみる渋くなる。
こちらも負けじと厳しい顔をする。
ゴングは鳴りました。

昨年入社したばかりの女性の委員が言いました。
「なんで団交が始まると険悪な雰囲気にならなきゃいけないのか、よくわかりません」
「これはそういうものなのだよ」と私。

団交が始まると、春が来たなという気がします。

|

« スチール弦 | トップページ | 花見の記憶 »

コメント

一種の伝統芸能?

投稿: 飯塚真司 | 2007-03-13 22:07

そうかもしれない。外国にはなさそうだし。

投稿: ひで | 2007-03-14 00:07

お疲れ様です。忙しい時期になったのですね。
昔、組合専従をやっていたのでよーくわかります。

投稿: Y-Hoshi | 2007-03-14 23:10

Y-Hoshiさん>
春闘交渉の当事者になると、仕事がなかなか進まなくなるのが辛いところです。

投稿: ひで | 2007-03-15 12:37

未経験・・・。多分これからもしないと思う。

投稿: はしこ | 2007-03-15 14:32

はしこさん>
それは勿体ない。
……というのは冗談で、やらないですめばそれに越したことはないと思います。

投稿: ひで | 2007-03-15 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スチール弦 | トップページ | 花見の記憶 »