« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »

2008年4月13日 - 2008年4月19日

2008-04-18

海老は見た

昨日はうどんを食べ過ぎた上に、夜は合唱団の練習後酒を飲み、あまつさえ帰りに菓子パンを買って夜中にむしゃむしゃ食べてしまったので、反省して今日の昼はもりそばにした。

080418soba

大塚にある「岩舟」という蕎麦屋は、この界隈でも飛び抜けて美味い。蕎麦だけでも飽きることなく食べられるのだが、もし反省モードでなければ、ちょいと天ぷらくらいはつけてみたいところだ。
僕が席に着くと、隣にかき揚げつきのせいろを食べている女性がいた。そのかき揚げがたいへん美味しそうなので、僕はなるべくそちらの方を見ないようにした。
その女性は僕の蕎麦が来た頃には席を立ち、会計して店を出て行った。そば湯もいただかないで席を立ったのは、余程急いでいることでもあったのだろう。
その席に残された食器を見ると、例のかき揚げも半分くらい残してある。
そのかき揚げにたっぷり入った赤い海老のつぶらな瞳が、ほら、おいしいよ、と言わんばかりに僕の方を見ていた…。

僕は左右を見回し、店員を含め、誰も私の席の方を見ていないのを確認した。そして電光石火の早業でそのかき揚げに箸をのばすと、その一片をひねり取ってすぐさま口に運んだのだった。
美味い……。
僕の口の中に、しばし至福の味が広がった。

そして40過ぎてこんな大人げないことをしている自分に、あとで少し落ち込んだ。


| | コメント (6)

2008-04-17

うどんを求めて

昨日の夜は三鷹にある武蔵野うどんの店で肉汁うどんでも食べようと思っていたら、臨時休業であった。
僕はこれまでこの店に4回もトライしているのだけれど、縁がないのか、悉く失敗しているのである。
初めて行ったときは定休日。次はちょうど営業時間が終わった後だった。これは確かめて行かない僕が悪いので仕方がない。しかし今回を含め、あとの2回は臨時休業である。運が悪い。
仕方ないのでラーメンを食べたが、これでは僕の中のうどん欲は解消しない。小麦粉であればよいというものではない。

今日は朝から「昼はうどんを食べるのだ」と強く決意していた。僕の勤務地である大塚には「恩田」というなかなかうまい讃岐うどん屋があるのだ。
この店は会社から遠い。駅をはさんで向こう側、歩いて15分ほどのところにある。往復だけで昼休みの半分を使ってしまうのである。
だが僕の中の満たされないうどん欲は、その店に行くことを命じていた。
いつもどこで昼食を食べるか迷うことの多い僕だが、今日は迷わない。讃岐うどんを食べるのだ。
そう思って行ったのだが、そこも臨時休業だった
ひょっとしたら、どこか僕の知らないところでうどんサミットでもやっているんじゃないか。それに出席するために、みんな店を閉めているんじゃないか。

僕のうどん欲は高く掲げられたまま宙ぶらりんになってしまった。
だが、まだ道がある。駅のそばに、ラーメン的なスープでうどんを食べさせる変な店があるのだ。変と書いたが、うどんには違いない(それに、わりとそれが美味いのだ)。僕はそこを目指すことにした。もしそこも臨時休業なら、きっと僕は駅そばのスーパーでうどんを買って、会社のヤカンでゆでてしまうだろう。そういう社会人らしくない振る舞いはできれば避けたい。僕は祈るような気持ちでその店に急いだ。

幸い、都電の軌道敷沿いにあるその小さな店は開いていた。
昼は食べすぎないようにふだん心がけているにもかかわらず、替え玉を頼んでしまったのは反動である。

みなさんも、突然のうどん欲に悩まされた経験はありませんか。

080417udon
写真を撮らなかったので、昨年高松で食べた讃岐うどんの写真を載せておきます。


| | コメント (5)

« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »