« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

2008年10月19日 - 2008年10月25日

2008-10-21

八重山諸島へ

私事ですが、10/13の朝9:30、市役所に婚姻届を提出し、その日の午後に明治神宮で式をあげました。
神宮内で「参進」という行進を行うのですが、付近にいた観光客がこちらにカメラを向けパチパチ。
やはりもの珍しいのでしょうか。
夜に、内輪のささやかな披露宴を行いました。

そのあと旅行で、相方の推奨する八重山地方に行ってきました。
往生際の悪い私は、仕事のゲラを旅行鞄に突っ込んでいったのですが、結局、読めずじまい。

081021kabirabay

これは一日目に行った石垣島の川平湾。
石垣を含む八重山諸島は気候帯でいえば、亜熱帯を越えて熱帯雨林です。
10月というのに、真夏のように暑い。
滞在中には二度ほど猛烈なスコールにも遭いました。
そして服を洗濯して干しておいても、いつまでも乾かない。空気が非常に湿っているんですね。

二日目に黒島を訪れたのですが、ここ、かなり気に入りました。

081020kuroshima1

自転車に乗ってこんな道を走ると、あっちに牛、こっちにも牛。
黒島は牛の飼育が盛んで、人口より牛の頭数の方が多いのだそうです。
とにかくのんびりした島。ときどき孔雀がうろついているのにもびっくりしました。

081021ikosanbashi

これは伊古桟橋という、今は使われていない、非常に長~い桟橋(300メートルくらいあるらしい)。
ところどころ穴が空いていて、自転車で走るのはちょっとスリルがありました。

石垣に戻り、三日目にはその最北端、平久保崎へ。海が青いのなんの。

081021hirakubosaki

この日の夜には竹富島に渡りました。
赤瓦の建築、珊瑚を砕いた白砂の道など、昔ながらの街並みを残しているこの島の集落は、重要伝統的建造物群保存地区にもなっています。
道は毎朝集落の人たちが清掃をしているそうで、ゴミ一つ落ちていません。

081021taketomi

この時期は、ちょうど一年に一度の種子取祭が行われているところでした。

081021miroku

これは奉納の芸能から、「弥勒」という出し物です。

夜に行われる、世乞い(ゆうくい)という習慣があります。
鉦や太鼓をならしつつ集団で集落の家(予め決まっている)に押しかけます。
家の前で踊っていると、家の主がおいでおいでをして中に招じ入れられます。
そしてお祈りをし、酒やつまみを頂き、感謝の歌を歌います。

081021yukui

これはなんと旅行客も参加が可能。
私も一か所だけ、上がらせていただき、お酒をいただきました。
このお酒がなんとも美味い。特別に仕込んだ泡盛の古酒らしいです。

世乞いは午前三時~四時くらいまで続くそうです。
遠くから、ときに近くから聞こえてくる太鼓と鉦の音、歌を耳にしつつ、宿で眠りにつきました。

081021yugure

竹富島の西桟橋からみた夕暮れ。雲が少し多くて、夕日の沈むところが見られなかったのはちょっと残念。
この湾に限らず、この辺りの海中にはナマコがいっぱいいて、海に入ると踏んづけそうになりました。

五日目、石垣に戻り、辺銀(ペンギン)食堂で、旅行最後の食事。
五色の茹で餃子。これがうまい。

081021penguin

ここのオリジナルである「石垣ラー油」はたいへんな人気で、それに関する本も出ているくらいです。
残念ながら、持ち帰り用は早々に売り切れ。
お店のテーブルに置いてあったラー油をこの餃子に使ってみたら、なるほど、辛みがきつくなく、まろやかでこくがあり美味でした。

東京に戻ったら、まるで別の国。涼しい――を通り越して寒い。
慌てて上着を着込みました。
乾燥しているせいなのか、旅の洗濯物はすぐ乾きました(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »