« 待ちぼうけ | トップページ | 池袋ジャズフェスティバル »

2009-05-13

わからないほうが良いような

090513sakana
先日、ツマの実家のある福山に行ったときの話だが、某島の漁協の近くで「大漁祭り」というイベントが行われていた。
陸揚げした魚を直売したり、そこで捌いてバーベキューのように焼いて食べたりするのだ。
直径2メートルほどのプールが置かれ、そのなかで大きな魚が何匹かぐるぐると泳いでいる。
スピーカーからは聞いたことのないお魚ソングが流れていた。

サーカナダヨ!サーカナダヨ!

歌のお兄さん風の明るい声で、元気よく歌っている。
そして間奏に、セリフで

「僕は魚の気持ちがよく分かるんだ!」

と入る。

そばでは、水槽から出した魚の頭を係員が釘のついた棍棒でゴンゴン殴って〆ている。
そのあと、絶命した魚を慣れた手つきでおばさんが捌くのだ。

シュールである。

でも魚、うまいですよね。

|

« 待ちぼうけ | トップページ | 池袋ジャズフェスティバル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 待ちぼうけ | トップページ | 池袋ジャズフェスティバル »