« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011-05-23

おっちょこちょい連鎖

おっちょこちょいなのは僕にとって宿痾とすらいえるので、もう諦めているのですが、それでも昨日は冷や汗をかきました。
ガンバの発表会で、僕の4つ前の奏者のとき、手元の鞄に譜面がないのに気づいたのです。
目の前ではガンバを始めて数年目の女性が、僕が昔手こずったテレマンのソナタと格闘していましたが、もはや耳に入りません。
演奏の切れ目に会場を後にし、自分の移動したところを一通り駆け足で探して回りました。しかし、どこにも見あたらない。
僕はこういうことがよくあるのです。何かに気を取られると、手に持っていたものをどこかにひょいと置き、そして全く忘れ去ってしまう。メガネが本棚に入っていたり、あるいは手にしていた文庫本が下着と一緒に棚に入っていたりするのです。
楽譜も、どこかに置き忘れ、そして誰かに持ち去られたに違いない。
運の悪いことに、曲目はアーベルの無伴奏ソロなのです。通奏の人がいれば譜面をコピーさせてもらったりできますが、今回はそれができません。
演奏前の緊張という牧歌的なものは吹っ飛び、暗澹たる気分で、暗譜でどれだけ弾けるだろうかと考え、3曲やるうちの最初の曲はどうにも厳しそうだと思って、先生に言ってその1曲を削らせてもらおうと考え、会場に戻ると、ちょうど休憩時刻でした。僕の出番は、休憩後の3番目です。
「先生、楽譜が行方不明になってしまいました」
「えっ?」先生は一瞬驚いた表情をし、「あ、でもなんかそれらしきものその辺で見たわよ」。
会場を見回してみると、たしかに、見慣れたクリアファイルに入れた楽譜が座席の一つの上に置いてありました。灯台もと暗し。
僕は、ほっと胸をなでおろしました。それから後、しばらくは汗が止まらなくて困りました。

 

そして、これだけで済みませんでした。
慌てふためいて楽譜を探している間に、鞄がなくなっていました。
これは後ほど、先生の横の席に置いてあるのが見つかりました。先生に話したとき、そこに無意識に下ろしたようです。例によって。
そして、チューナーがなくなっていました。
こればかりは、演奏会後、会場をざっと見回してみても見つかりませんでした。つまり、紛失してしまったのです。たぶん、どこかに落ちているんでしょう。おかげで、本番の時は耳だけで音を合わせなければいけませんでしたが、終わった今、もうどうでもいいです。

 

本番では、凡ミスを3箇所ほどやりましたが、そのうち1箇所は自分としても口惜しいところでした。
でも、この事件が影響したかというとそうではなく、失敗するべき所は失敗し、できるところはできたということだと思われます。
舞台に上がってしまえばいつも通り。それが練習の成果といえば成果でしょうか。

| | コメント (3)

2011-05-09

岩黒島

連休中は福山にいたのですが、1泊で、瀬戸大橋の下にある島・岩黒島を訪れました。
みものは、瀬戸中央自動車道から島に降りていくランプウェイです。

110509iwakuro01
ぐるぐる

まるでカーリーフライのように回る道路は1車線。車が一台しか通れない幅なので、上と下にあるゲートで出入りを管理してます。人はエレベーターで上り下りできます。

岩黒島は一周1.7キロ、人口100人弱の小さな島です。絶好の釣りスポットがあって鯛なんかも釣れるという話なので、30年振りくらいに釣り糸を垂れてみたら、タナゴが一匹釣れました(人生初釣果)。写真は取り忘れてしまいましたが、塩焼きにしてもらったらすこぶる美味でした。

110509iwakuro02
こんな感じのところで釣りをしました。上に見えるのは瀬戸大橋。

港に面した一画に商店があったのですが、開いている気配はなし。
前にある自販機の上で猫が暖まってました。
110509iwakuro04

一匹、人懐こいのが近づいてきて頭を撫でていたら、次から次へと猫が現れて、猫の集会所みたいになりました。
どの猫も人を怖がりません。

110509iwakuro03
しかしこの寛ぎ振りはどうなのか

| | コメント (2)

2011-05-08

和声学

5声で書いていたあるオリジナル曲を事情があって4声に書き換えているのですが、この機会に和声学の基礎をネットで少しおさらいしてみました。
昔は本を読まなきゃいけなくて、しかも目次や索引から引くだけでは必要な情報がなかなか見つからなったものです。いまはググればすぐ見つかりますね。便利な世の中です。
しかし和声学の「窮屈さ」は時代が変わっても変わりません(当たり前)。
そうそう。こんなに禁則たくさんあるんだったよな。
連続5度くらいは頭に入っているつもりでしたが、平達5度とか、平達8度とか、面倒くさいやつが他にもあったのでした。
僕がいま手直ししている曲は比較的保守的な曲風なので、勉強を兼ねて、律儀になるべく禁則を守ってやってみています。
なんといいましょうか。これは創作というよりパズルを解いている感覚に近いですね。面白いといえば面白いのですが。
演奏してみると、たしかに音の落ち着きやまとまりは良くなるので、伊達に窮屈なわけじゃないんだなと気づかされます。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »