« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011-10-21

初マイクイベント

こんどアンサンブルAlephさんさんと、私の所属している音楽工房ZOOとで、ジョイントコンサートをやります。
Alephさんはキングス・シンガーズのレパートリーなどに取り組まれている、正統派の無楽器コーラスです。
最近ややイロモノじみてきたZOOとは、ある意味オモシロイ取り合わせなのでは……と思っています。

 

ちょっと心配なのは、ZOOとしては初めてのマイクイベントであること。
一人ひとりマイクを持つのはやめて、ベリンガーのコンデンサーマイクを2本立てることにしたのですが(楽器は別どり)、10月にはじめてスタジオに入ったときは、ハウリング起こしまくりで青ざめました。
2回目でなんとか扱い方の見当がついてきて、超音波もあんまり出さなくなりましたが、慣れるにはもうちょっと時間がかかりそうです。

 

<アンサンブルAleph+音楽工房ZOOジョイントライブ「白昼夢~大人の集い」>
・日時:2011年11月13日(日)13時スタート
・会場:Com.Cafe音倉(下北沢駅徒歩2分)
・入場料:1000円(1ドリンク含む)

 

僕らの演目は、やや昭和歌謡に傾いた選曲になる予定。でもオリジナルも3曲やります。
みなさまのお越しをお待ちしております。
なお、会場のキャパの制約により当日券が出ない可能性がありますので、おいでいただける方はお早めに私(もしくは他のメンバー)までお知らせいただければありがたいです。m(._.)m

 

| | コメント (0)

2011-10-11

遠き家路

9日は、「ノミの心ぞう」の面々で立川の昭和記念公園に行った。公園内にある「みんなの原っぱ」という場所に特設ステージがあり、そこで演奏したのである。
ちょうど「コスモス祭り」というイベントが開催されていて、「原っぱ」の西花畑は「サンセットイエロー」という品種のコスモスがいちめんに咲いていた。
子ども連れの若いファミリーや、カップル、老夫婦、ワンカップを持ったオジサンなどが思い思いにシートを敷いてステージを眺める中、ドラム持参で参加した我々は、6曲ほどをいつものようにインストありコーラスありで演奏した。

 

111011harappa

 

終演後、ビール缶で乾杯をしてゲソなどをつまんでいると、やがて日も傾いて閉園時刻が迫ってきたので、撤収することにした。
各自機材を抱え、あるいはカートで引っ張り、帰路についた。

 

そして、迷った。

 

昭和記念公園は165.3haの広さがある。「みんなの原っぱ」だけでも11haある。ちなみに東京ドームは約4.7haだ。
どこで間違ったのか、僕はよくわからない。でも思い出せば、園内を走る電車のような連結車の行く方向をみて「あっちだろう」と簡単に信じてしまったのがいけなかったような気もする。
気づけば道にひと気がなかった。あれほどたくさんいたお客さんたちはどこに行ってしまったのだろう。
それでももと来た道を戻るなどというヒヨった慎重策はとらないのが、音楽においても人生においても一貫したわがバンドメンたちのスタンスである。
そしてさらに迷う。

 

ぐるりと遠回りをして、駅にようやくたどり着いたとき、ドラムセット一式を持ち運んでいた誠さんはマラソンでもしてきたみたいに汗をかいていた。
僕は「昭和記念公園を満喫出来たなあ」と言ってみたが、誰も同調しなかった。

| | コメント (3)

2011-10-07

JRに騙された話

昨夜、新宿で飲み会をして、夜11時過ぎくらいに中央線各停に乗った。
僕は混雑が苦手なので、利用者の多い中央線快速を使わず、中央・総武各駅停車に乗ることが多い。
少し走ったところで、東小金井駅で人身事故があり、電車が遅延するという放送があった。
まあ仕方ない。

高円寺駅で電車が止まり、なかなか発車しない。
また放送があり、「中央線快速を先に通しているので、お急ぎの方はそちらをご利用ください」という。
込んでいる電車は苦手だが、仕方ない。明日も会社なのだ。
ホームを移動するため階段に向かうと、他にも乗り換えようとしている人がばらばらと歩いていくのが見える。
乗り換えた中央線快速は、案の定、ひどく込んでいた。
目の前にぶら下がるつり革につかまり、斜めになりつつじっと耐える。
電車は順調に進み、西荻窪駅を過ぎる。

そして、西荻駅と吉祥寺駅の間で、ぴたりと止まった。
「先の各駅に電車が詰まっている」と放送が流れる。
それから20分。あるいは30分。
電車は止まりつづけた。その間、僕はずっと斜めだった。

そして窓の外を、僕が乗っていた便を含め、4本の中央・総武各駅停車が通過していった。

どうしてくれよう。

| | コメント (2)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »