« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012-01-13

Ukulele Duo

1/20(金)の夜に、アルカフェのショートライブに出ます。
19:30から、20分ほど演奏する予定。昨年11月に引き続き、田中井勇さんとのウクレレ・デュオです。

 

ウクレレ同士のデュオというと、オータサンとライル・リッツのその名もずばり「Ukulele Duo」というアルバムがありますね。個人的には、いちばん好きなウクレレ・アルバムの一つです。
Uduo 2001年、ビクターエンタテインメント

 

この二人、どちらもスタンダード調弦のウクレレを弾いていません。
オータサンはGCEAのLow-G、ライル・リッツはDGBEのHigh-Dです。つまり「スタンダード調弦の4弦をオクターブ下げた調弦」と、「バリトン調弦の4弦を1オクターブ上げた調弦」の組み合わせということになります。
どちらも、スタンダード調弦の最低音より4度低いG3(ヘ音記号の第4間の音)が最低音になります。やはり二人とも録音当時すでに60代後半だけに(G3。じー…)。

 

この組み合わせは音が落ち着いた感じになりますね。ちょっとユルい雰囲気でスタンダードナンバーをやるのに、とても合う気がします。

 

じつは我々も、この調弦の組み合わせで演ります。田中井さんがLow-G、私がDGBEのウクレレを弾く。
ライル・リッツやオータサンのようなわけにはいきませんが、くつろいで心地よく聞いていただけるような演奏にしたいと思っています。
曲目は、「枯葉」「Fly Me To The Moon」など、調定番曲。前回に引き続き、テンション低めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012-01-01

浅草にて

ツマと浅草に行って来ました。
浅草寺にお参りしようと思ったらえらく込んでいたので、先に辺りを散策。
染め物の店であずま袋を買いました。
久しぶりに着物を着ていたので、合う鞄がなく、家にあった巾着袋のようなものに財布や文庫本を突っ込んでいったのですが、ぎゅうぎゅうで見苦しい。
あずま袋というのは持ち手のついた風呂敷のようなもので(僕も今日買うまで知りませんでした)、これがちょっとした荷物を入れるのに頗る具合が良いのです。
そのあと飲み屋で一杯飲んで、少し空いてきたかと思われる頃に参拝に行きました。
それでも30〜40分は並びましたが、正月らしさを味わうには程よい混雑だったかもしれません。
それに、人で込んでいると少し寒さも和らぐようです。
腹が冷えるのを警戒して冷たいものは避けていましたが、参拝後はビールを二杯ほど飲みました。
年初にあたってとくに新しく思うようなことはありませんが、常々考えていることを総合してみると、結局、美味い酒(が飲めるような心と身体)ということに尽きるようです。

120101asakusa
飲み屋で撮った写真がなぜかものすごく昭和な感じになった。


| | コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »