« 2012年12月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年1月

2013-01-22

バリトンウクレレ

最近、ちょこちょこバリトンウクレレを弾いています。

 

Bariuku

 

この楽器は昨年11月、ヤフオクで入手しました。オークションで楽器を買うのはちょっとリスキーなのですが、メーカーがギターで有名なギルドで、しかも値があまり上がらなかったので、落札してしまいました。
ギルドのウクレレというのは珍しいですね。このバリトンは60年代に作られたもののようです。

 

バリトンウクレレの調弦は、ギターの高音側の弦4本(1~4弦)と同じ。見方を変えると、ギターから低音弦2本を取り去ったものともいえます。
テナーウクレレより二回りほど大きく、ウクレレというより小さめのギターといった印象を持つ人も多いようです。正直なところ、中途半端なサイズの楽器という感じも否めません。これは「不自由なギター」に過ぎないのではないのか。ウクレレ的なトリッキーなストラムをするには大きすぎる。音も軽やかでない。しかしギター的に弾くには、低音弦が足りない。

 

それでも、この楽器には捨てがたい味があります。ギターにはない、しかし標準的なウクレレとも違う、どんよりした「緩さ」がある。
先日、ちょっとしたコンサートでジャズスタンダードを歌う人の伴奏に使ったのですが、このダルい音色が音楽に合ったのか、なかなか好評でした。
奏法としては、やはりウクレレ的なアプローチの方が有効で、あんまりベース音にはこだわらないのがよい気がします。僕がよくやるコードソロなんかは、4本の弦(もしくは4コース)でないとやりにくいですから。
弦が多いことから来る自由もあれば、少ないゆえの自由もある。バリトンウクレレを弾いていると、そんなことを考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-01-17

第1回ワークショップ終了

荻窪アルカフェさんでの第1回ウクレレワークショップ、盛況のうちに無事終了しました。
ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。
後半に行った合奏で、みんなの弾くウクレレの音がとても美しく混ざり合っていたのにちょっと感動を覚えました。いまさらですが、ウクレレっていいですね。
第2回は2月13日(水)に開催します。課題曲など近々発表しますが、また「ウクレレソロのワークショップ」「オープンマイク」「合奏」の3部構成にする予定です。なるべくやさしいアレンジを選びますので、初級者の方もお気軽にご参加ください。(ご予約はお店までお願いします。)

13011701
妙に楽しそうな私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-01-15

吹雪の日のライブ

ライブイベントで三浦海岸のナツメグ・カフェへ。
しかし寒波襲来で、駅を出たときには猛吹雪。

 

130114snow

 

ユニットのメンバーはみな楽器をたくさん抱えていたので、タクシーを待つことにするも、お客さんが長蛇の列です。
しかもタクシーがなかなか来ません。10分に1台くらいの割合でしか来ません。
雪は容赦なく降ります。
1時間ほど待って冷え切った身体をようやくタクシーに乗せ会場へ。
こんな日に、いったい誰が聞きに来るというのでしょうか。

 

白黒の淡色の風景を抜け、ようやくお店にたどり着く。
お店の扉を開けると、そこには暖かい空気と、ウクレレ持ったたくさんの人々が。

 

この人たちどうかしてる、と思いつつ、一瞬そこが天国に見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-01-05

富士山

福山からの帰り、新幹線の車窓より。好天でよく見えました。

130101fujisan


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-01-04

ウクレレ講師

今年から音楽教室でウクレレの講師を務めることになりました。会社にもちゃんと兼業届けを出しました。
大学生の頃は塾の講師をやっていたので、人にものを教えるのは初めてではないですが、楽器を教えるのは初めてです。ウクレレがもっと楽しくなるような授業ができたらいいなと思っています。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年4月 »