« 2013年12月29日 - 2014年1月4日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »

2014年1月5日 - 2014年1月11日

2014-01-08

ゴミ捨て場の話

ゴミ捨て場に捨ててあるモノを拾うと罪に問われることがあると聞いたのは15年くらい前のことだが、その時点で僕はけっこうな大物をゴミ捨て場からせしめた経験があった。

ひとつはクラシックギターで、中学生のときだ。下校中、ゴミ捨て場に出してあるのを見つけて、喜び勇んで持って帰った。

もうひとつは一人暮らしを始めた頃、オーディオセットがひと揃い(アンプ、スピーカー、CDプレーヤー、FMチューナー)捨ててあるのを見つけて持って帰った。綺麗に掃除して音を出すと、すごくいい音がした。僕の人生で初めてのまともなオーディオセットであった。

あれは窃盗だったのかと後から冷や汗をかいたが、本当にゴミとして出したものなら、法理論上はともかく、現実には罪に問われることはないらしい。

ただし気をつけねばならないのは、それがゴミでない可能性があることだ。たとえば盗品がゴミ捨て場に「置いて」あった場合、それを勝手に持っていったら罪に問われる。ゴミ捨て場にあるからといって、持ち主が所有権を放棄したとは断定できないのだ。

あのギターやステレオセットが、持ち主の意志に反してゴミ捨て場に出してあった可能性は、たぶん非常に少ないだろうが否定は出来ない。こんなことをいま書くのは、もう時効だと思ったからである。

| | コメント (2)

« 2013年12月29日 - 2014年1月4日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »