« 【参加者募集】吉祥寺北町ウクレレクラブ、5月より正式に開始します | トップページ | 5月ウクレレソロワークショップの課題曲は… »

2019-04-20

ガット弦を張ってみた

Gretch_with_gutstrings

棚の中からかなり以前に買ったウクレレ用のガット弦(羊の腸で作った弦)が出てきたので、グレッチのオールドウクレレに張ってみました。
この楽器は1950年代に作られたもので、入手してから半年くらい経ったころに表板が割れてきたのをリペアショップで直してもらったのです。テンションの高い弦を張るのが怖いので、これまでGHSを張って全音落としてました。
ガット弦を張ってみた印象ですが、体感としてはテンションが低いです。体感に過ぎないので当てにはなりませんが、気分としては、レギュラーチューニングにしても楽器を壊す可能性が低そうで、安心できます。
音はサスティンが少なく、高い倍音も少なめ。軽いが落ち着いている音という印象です。
実際の音に興味がある方は、動画でどうぞ。

後ろで妻が服を畳んでいたり、最後の方で子どもがシャボン玉遊びをせがんでいたりと、生活感丸だしな感じですみません(^ ^;。

|

« 【参加者募集】吉祥寺北町ウクレレクラブ、5月より正式に開始します | トップページ | 5月ウクレレソロワークショップの課題曲は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【参加者募集】吉祥寺北町ウクレレクラブ、5月より正式に開始します | トップページ | 5月ウクレレソロワークショップの課題曲は… »