« 5月ウクレレソロワークショップの課題曲は… | トップページ | 5月ウクレレソロ・ワークショップ終了 »

2019-05-03

ガット弦を追加購入

先日、グレッチのオールドウクレレにガット弦を張ってみた記事を書きましたが、弾けば弾くほどこの弦が好きになってくるのです。じつは手元にlow-G用のガット弦セットもあったので、ふだんLow-GにしているGストリングのスタンダードロングネックにも張ってみました。

Gstring_with_gutstrings

いい。とてもいい。

どういいのかなかなか言葉では説明しにくいのですが、音に柔軟性があるというか、弾き方と出音がしっくりリンクしている感じがするというか…。楽器がよく歌ってくれる気がするのです。

で、追加でガット弦を注文してみることにしました。
かつては茅ヶ崎にあるムジカ・アンティカ湘南さんで購入したんです。ここはいろんな古楽器用のガット弦を扱っているんですが、なんとウクレレ用のセットもあったんですよね。

ところが今みてみると、ウクレレ用のガット弦はほとんど品切れになっている…。(2019年5月3日現在)

ウクレレ用にガット弦を買うような酔狂な人、滅多にいないんでしょうね。かく言う僕も、前に買ったのはたぶん5年以上前だし。
しかしながら、ガット弦自体は入手できないわけではない。ウクレレ用のセットが販売されてないなら、自分で適当な弦をセレクトして買うまでです。

というわけで、ウクレレ用にはどんなゲージがいいのか考えてみました。参考にさせていただいたのは、古楽器奏者でギター奏者でもある竹内太郎先生のサイトです。(この方の演奏、一度生でみたことがありますが、風貌もあいまって本当に格好いいんですよ。)
このサイトの中にガット弦についての記述があるのですが、もちろんウクレレに適したゲージの説明などはありません。でも、ウクレレはスケール・調弦的にはビウエラという楽器に近いところがあります。そして、ビウエラ用のガット弦の説明ならある。そこで、この記述を参考にして、とにもかくにも合いそうな弦を注文してみることにしました。
注文先は、Gamut Musicというアメリカ合衆国のミネソタ州にあるお店です。このお店も、上記の竹内先生のサイトで紹介されていました。
支払いはPayPalでOK。便利な時代になりましたね。

 

さて、実際に張ってみるとどんな感じになるのやら。今は、商品の到着を首を長くして待っているところです。

|

« 5月ウクレレソロワークショップの課題曲は… | トップページ | 5月ウクレレソロ・ワークショップ終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月ウクレレソロワークショップの課題曲は… | トップページ | 5月ウクレレソロ・ワークショップ終了 »